一般社団法人HANAKUMA

市房ダム周辺の桜

活動報告 7月26日

2020.07.27活動報告

本日はHANAKUMAから4名参加。
孤立地域がいまだに残る球磨村へHANAKUMA4名と他16名の方々と支援活動へ行きました。
線路は原型をとどめておらず、コンビニの看板の高さに位置する自宅も2階部分まで水位がきていました。
瓦礫や物の仕分けと清掃を行いました。
子供のいるご家族で、やっとコロナによる休校から登校し始めたばかりで、避難所から近い学校に通っているそうです。
1日も早く生活に戻っていただき、地元の学校へ通ってほしいです。

今回わかったこと。
人吉おもてなし隊の吉組のみなさんと情報の共有をしながら、現在、避難所だけでなく、断水、電気の通っていない場所での在避難生活を行っている方がへの支援が必要だとわかりました。
仮設住宅の建設も始まり、今後の支援ニーズの変化にも対応していき的確な支援活動を行って参ります。



《支援金の募集》
活動をしながら現状のニーズを吸い上げて、適材適所適量をこころがけています。必要な物資もまだまだあります(支援物資の募集)が、柔軟に対応し支援スピードを上げる為には人材を送る為の支援金が必要です。
支援金を送る方法はこちら

《支援活動メンバーの募集》
被災地では支援人員が全く足りておらず復興が大幅に遅れています。
熊本在住の方、宜しくお願いいたします!!!!

ご応募はこちらから!

※お困りごとや依頼したいことがあれば幅広く受け付けています。お気軽にHANAKUMA事務局までご連絡してください。

HANAKUMA事務局
096−240−2424



トップページへ